足が遅くても野球で走塁術の習得は必要不可欠「走塁革命」

sourui

詳細はこちらをクリック

足が速くなければ、走塁テクニックは必要ないと考えている野球関係者は
少なくありません。

小手先のテクニックを身につけるよりも速く走れるようになることが重要
だと考えていたり、「豚に真珠」のような感覚で、教えるだけ時間の無駄
だと思っているかもしれませんね。

しかし、このような走塁に関する考え方は間違っているというのは元プロ
野球選手で、現在はMAXベースボールスクールで小学生や中学生を相手に
教えている屋鋪要さんです。

プロ野球選手時代は、ホエールズ(現在のベイスターズ)やジャイアンツ
で盗塁王を何度も獲得するなど「俊足」で知られていた屋敷さんですが、
走塁の良し悪しで、攻撃・守備ともに大きな違いが生じるといいます。

攻撃でいえば、たとえ足が速くなくても、内野ゴロでアウトになるような
シーンでも、走塁テクニックを身につければ内野安打になったり、野手が
焦ってエラーを誘うことができるなど、チャンスが広がるのです。

シングルヒットを、ツーベースやスリーベースに広げることができるのも
走塁技術の差によるところが小さくありません。

また、守備でいえば、守備範囲が広がることでアウトを取りやすくなると
いうわけです。

そのうえ、盗塁成功率が高まることは言うまでもありません。

このように、走塁テクニックは良い選手を育てる上で必要不可欠なことで
あるため、プロ野球チームはもちろんのこと、強豪チームであれば、走塁
指導は当然のように行われています。

しかし、指導者さえ不足しているチームであれば、なかなか走塁指導まで
手が回らないというのが実情ではないでしょうか。

そこで、走塁指導が全く行われていなかったり、間違った走塁指導をして
いるチーム状況を改善するために、屋鋪要さんが走塁に特化した動画教材
を作成しました。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ