スピーキング力を中心に即効力で伸ばすビジネス英語「話す筋トレ」

bizen

詳細はこちらをクリック

グローバル化の進展とともに、ビジネスの現場で使える英語力を身につける
必要が生じたり、将来的に必要となるので早いうちに身につけたいと考える
ビジネスパースンの数は増え続けています。

しかし、英会話スクールに通ったり、語学教材で勉強を続けていても上達を
したという実感が得られなかったり、英語圏のネイティブと会話をしている
と、まだまだ力不足を実感している状況ではないでしょうか?

かつては、語学スクール講師やシリコンバレーでビジネスマンとして働いて
いた経験を持ち、英検1級、TOEIC 985点という実績を残している翻訳家の
松尾光治さんは、以下の学習を行うことが効果的だとアドバイスします。

に直結した単語・表現・チャンクを使ったパターンプラクティスを
大量に行うこと

「実際に英語を大量に口にしなければ話せるようにならない」というのが
松尾さんが長年の実務・指導経験から実感したことだといいます。

つまり、「聞き流すだけ」のような、楽して短期間に英語を習得できる方法
というのは一切存在しない
という前提で英語学習をしなければ、いつまでも
ありもしない「青い鳥」を探し求めて時間を浪費する結果になるだけです。

そんなものが存在するのであれば、あなただけでなく、多くの人が実践して
成果を残しているはずですが、全く改善されたという声も聞かれません。

しかし、あなたが英語を話す機会というのは、英会話スクールに通っていて
も、それほど多くはありません。

あなたが、レッスン1回で何分英語で話したか記録してみれば明らかです。

とにかく大量に、英語で話すという経験をしなければ、英語力は向上しない
ものです。

英語で話すと言っても、相手がいなければ会話が成り立たないわけですから
一人のときには、英語で独り言を言い続けていればいいのでしょうか?

「何もしないよりはましですが・・・」という程度でしょう。

そこで役立つのが、ビジネス英語「話す筋トレ」です。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ