残り60日で効率的に過去問を使って合格ライン!防衛医科大学校対策講座

bouei

詳細はこちらをクリック

防衛医大防衛医科大学校)の試験対策が取りにくいというのは、医学部
専門コースを設置しているような予備校でもない限り、受験者自体も多く
ありませんので、商売的には「無視」して差し支えない状況だからです。

高校や予備校、学習塾などに無尽蔵の人的リソースがあれば、防衛医大は
もちろんのこと、すべての大学や短大に最適な試験対策を構築することが
できるでしょう。

しかし、全く非現実的な話ですから、学生や浪人生からの需要の多い順に
対策講座が設置されていくのが一般的です。

防衛医大を受験する学生自体が少ない上に、防衛医大が第一志望というの
は少数派であり、他大学の医学部志望者が併願するケースが多い程度です
から、どこも本腰を入れて対策を取ることはありません。

せいぜい、数多くある医学部のうちの一つという程度の扱いです。

このため、防衛医大を受験するにあたって、どのような試験対策を行えば
いいのか路頭に迷ってしまう受験生が少なくありません。

あなたも、その一人ではないでしょうか?

東大理3や京大医学部に合格しても、防衛医大は不合格だったという受験
生もいますので、適切な試験対策ができるかどうかの差は大きいといえる
でしょう。

防衛医大に入学するかどうかは別にしても、受験して合格したいと考えて
いるのではないでしょうか。

そこで役立つのが、防衛医科大学校対策講座です。

マニュアルですので、どこかの教室で授業を受けるといったスタイルでは
ありません。

医学部専門予備校で教務主任を務めた経験もある白水一郎さんと、防衛医
大には合格したものの、慶応大学医学部に進学したという井上博之さんが
過去問の効率的な活用法と、学習法を教えてくれます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ