中高年でも2週間で続々合格!東大式記憶術ケアマネ試験一発合格法

careman1

詳細はこちらをクリック

ケアマネ試験介護支援専門員実務研修受講試験)の難易度が、年を追う
ごとに高くなっています。

初回のケアマネ試験では40%近い合格率でしたが、その後、合格率は低下
し続けて、2011年の試験では15%台にまで合格率が低下しました。

2012年の試験では合格率が19%にまで「回復」しましたが、将来的には
合格率10%台後半で安定化させたい
ということかもしれません。

しかし、介護現場ではケアマネの数が余剰気味で、存在自体が邪魔だから
ケアマネ資格の廃止という声まで聞かれる状況です。

ケアマネ資格所有者のうち、わずか4割しかケアマネ業務をしていない
いう事実が、この現状を雄弁に物語っているのではないでしょうか。

ケアマネの仕事が合わないので現場に戻ってきたとか、現場の仕事にケア
マネ業務が追加されて、単に労働強化につながっただけといった具合に、
ケアマネの愚痴は2chなどで検索すれば山のように見つかります。

厚労省などの天下り先確保のために、ケアマネ資格自体は廃止されないと
思われますが、ケアマネの数を絞り込むため、さらに難化が進んで合格率
一桁といった状況も、将来的にはあり得るかもしれません。

対策としては、できるだけ早い段階でケアマネ試験に合格するしかないと
いうわけですが、苦労をしてまでケアマネ資格を取得する価値があるかは
あなたの判断に任せます。

さて、現役ケアマネージャーの「山口あやこ」さんは39歳の時にケアマネ
資格を取得したそうですが、勉強の「コツ」を身につけたことで短期間の
勉強にもかかわらず合格できた
といいます。
(山口さんが合格した時のケアマネ試験合格率は30.7%でした)

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ