中学受験に不可欠な「植木算」をラクラクマスター!勉強革命

uekizan

詳細はこちらをクリック

植木算」などの特殊算は、方程式などのように、「植木算」などといった
名前では小学校の教科書には出てこないものの、試験問題としては出題され
ますので、当然のことながら、中学受験では出題範囲に含まれます。

受験生が適切な注意力と判断力を持ち合わせているかを確認するのに植木算
が問題中に用いられることが多いのですが、受験生を混乱させるための問題
として出題されることが一般的です。

「植木算」の問題を解いている最中に混乱する原因として、読解力向上委員
会の二宮智宏さんは「間の数」をあげます。

「線ならプラス1」、「輪ならそのまま」といった具合に、機械的に暗記を
しているだけでは、少し問題がひねってあると、出題者の期待通りに引っか
かってしまいかねません。

注意力と判断力を身につけるためには、問題を解くために、単に公式に当て
はめるのではなく、実際にイメージしたことに合った式を考えて立てる必要
があるわけですが、イメージするのが難しいケースが多いのです。

ひたすら同類の問題を何度も解いて丸暗記したところで、応用できなければ
実際の試験では何も対応できないままです。

そこで、二宮智宏さんが「植木算」を簡単に解答できる方法をマニュアルに
まとめました。

それが、勉強革命「植木算」です。

20分間の動画で、自宅に居ながらにして、サテライト教室で受講をしている
ような感覚で学習を受けることができます。

わからないことがあればメールサポートが受けられます。
疑問を解決して、完璧にマスターすることが可能です。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ