働きながら社会福祉士試験に合格するための戦略を暴露

scworker

>>公開は終了しました<<

社会福祉士試験は、福祉系大学や短大に進学して所定の科目を取得すれば
生活相談員や生活指導員、児童指導員や保育士などの実務経験がなくても
受験することができます。

しかし、学生時代に必要性を感じなかったなどの理由で社会福祉士資格を
取得せず、仕事をしながら社会福祉士試験を受けようとしても、学生時代
のように勉強時間を確保するのが簡単ではない
ことに愕然としているかも
しれません。

特に、「ブラック」扱いされている福祉系の現場で勤めていれば、仕事を
こなすだけで心身ともに疲労状態になりがちで、勉強をする意欲もわいて
こない
といった状況ではありませんか?

だからこそ、大学で遊んでいるのではなく、必要な資格を早めに取得して
おくことで後々後悔せずに済んだわけですが、今さら言っても手遅れだと
いう状態だと思います。

転職を繰り返した結果、社会福祉士が必要になったというケースでは事前
に準備しておくといったこと自体が無理ですから、現実において解決する
しかありません。

そこで、大阪府在住の松井寛さんは、社会福祉士試験の勉強をするために
睡眠時間を減らしたり、精神論頼みで大半の人が脱落する勉強法ではなく
「働いているからこそできる勉強法」を開発することに成功しました。

「モチベーションの維持」という、多くの人にとって高いハードルを簡単
にクリアする方法や、「どこから手をつけていいか分からない」といった
勉強がはかどらない根本原因を解決する秘訣を知ることができます。

働いているからこそできる「合格戦略」があれば、社会福祉士試験に合格
できる確率が一気に高まることは間違いありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ