サッカー&フットサルで活躍するために必要な基礎トレーニングとは?

futsul

詳細はこちらをクリック

サッカーとフットサル

一見すると大きな違いはないように思います。

しかし、ラグビーとアメフト、テニスとテーブルテニスやバドミントン並の
違いがあるといったら言い過ぎかもしれませんが、サッカーとフットサルに
も大きな違いがある
のです。

ミニサッカーとフットサルでは条件的に似通ったものだと思いがちですが、
「ボールの止め方」ひとつを見ても、サッカーとフットサルで全くと言って
いいほどに動きが異なるのです。

サッカーでは選手の一歩二歩前にボールを置く一方で、フットサルでは、
足の裏を使ってボールを止めるという違いがあります。

これ以外にも、これまでの「サッカーの常識」では、足の裏を活用すると
いう機会は少なかったのですが、狭いコートで思い通りにボールを動かす
必要のあるフットサルでは俊敏に動くために足裏の活用が不可欠です。

なお、スピーディーにボールをコントロールするというフットサルの影響
を受けたことで、今ではサッカーでも足裏を使う選手が増えています。

サッカー強豪国として知られるスペインでは、小さなころはサッカーでは
なくフットサルを楽しむというのも、ボールコントロール力を高めるのに
おいては非常に有効だと言えるでしょう。

こういう意味では、フットサルとサッカーが似通ってきたと言えるのかも
しれません。

元サッカー選手で、現在はFリーグ(日本フットサルリーグ)参加チームの
府中アスレティックFCに所属するフットサル選手の伊藤雅範さんによると、
フットサルがサッカースキルを高めるのに効果的だといいます。

その理由は上に書いた通りですが、フットサルだけでなくサッカーの上達
につながるわけですから、是非ともマスターしたいと思うのでは思うので
はないでしょうか?

しかし、サッカーとフットサルでは、似て異なる技術がたくさんあります
し、適切な学習教材や指導者が非常に少ないというのがネック
でした。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ