医学部や難関大学に合格するための受験勉強法&センター試験高得点マニュアル

igakubu

>>公開は終了しました<<

大学に向けての受験勉強というと、「苦しくて長い道のり」などといった
ネガティブなことを考えがちですが、現実が何も変わらないのに無理やり
ポジティブシンキングをしたところで、逆効果でしかありません。

ポジティブシンキングをしようとして、余分な精神力を消耗することで、
逆に勉強がはかどらなくなるケースが大半です。

それよりも、実際に「苦しくて長い道のり」を改善するように努力をした
ほうが精神的な負担も軽減されますし、何より成績が上がってきますので
モチベーションが高まる
のです。

受験勉強というと、机にかじりついて、眠気に耐えながら根性で乗り切る
ものだと考えている人が多いと思います。

しかし、医学部を卒業して現在は医師として活躍している大平俊介さんは
大学在学中は、何の役にも立たない根性論や机上の空論ではなく、平凡な
受験生でも成績の上がる実践的な勉強法
を教えていました。

この勉強法こそが、Fラン以上なら合格できても難関大学や医学部を受験
すれば確実に不合格になるという、偏差値65以下の受験生に非常に効果的
なのです。

間違った勉強法を、時間と根性で続けていても、スマートな方法で勉強を
している成績上位の受験生には勝てません。

残念なことに、高校や学習塾、予備校などでは、この「学習法」について
教える機会というのが非常に少ない
のです。

「全くない」というところも非常に多いというのが正確でしょう。

「学習法」ではなく、英語や数学、国語などといった「学習内容」ばかり
を教える教育機関であれば山のようにありますが、このスキマを埋めない
限り、時間と精神力だけでは、なかなか成績が上がりません。

「勉強をすればするほど成績が伸びて、必ず志望校に合格できる」などと
考えている時点で、難関大学を受験しようと考えている他の受験生よりも
大差をつけられている
と考えたほうが無難です。

毎回成績上位にいるような優秀な人たちは、家庭環境が優れていたのか、
偶然「学習法」を身につけた幸運に恵まれたのかは知りませんが、自然と
この学習法を実践していることが多いのです。

また、文字通り「頭がいい」人もいますので、こういう人の真似をするの
は無謀と言ってもいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ