入試から資格試験まで550名以上の実績!「OCP」(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)

勉強する子どもの手

詳細はこちらをクリック

スポーツや高い生産性を求める会社員などの間で有名な「コーチング」です
が、なぜか、受験生は全く相手にされていない状況が続いていました。

未就学児や幼稚園・保育園児、義務教育を受けている小学生や中学生、大学
進学などを検討する高校生や浪人生などに対してコーチングが必要なのかと
いう、そもそも論の問題もあります。

それ以外にも、コーチングが未成年に対して理解されるのかという問題や、
学校の教師には期待できないとして、学習塾や予備校、家庭教師などが既に
コーチになっているから、改めて必要ない
という考え方もあります。

しかし、学力を上げるという点において、学校や学習塾や予備校などの講師
や家庭教師などは役立ちますが、モチベーションやスケジュール管理という
観点は個人任せというケースが大半
です。

やる気なんて個人の問題だし、強制したところで逆効果という教師や講師が
多数派であるという点にあらわれているでしょう。

「あくまでも知識を教えるのが役割」だと考えているのです。

中には、個人の持つ学習哲学を熱く語る講師もいますし、まるで一種の宗教
のような状態になっている学習塾や予備校もあります。

結果が出ればプロセスなんてどうでもいいというのが、現代社会においては
常識化しつつありますが、目標を設定して、計画を立てたら、確実に実行を
していかないと目的を達成することは難しい
のが実情です。

仕事のように、他人の手柄を横取りして合格することはできないからです。
(リスクの高い受験代理やカンニングでもしないと無理でしょうね)

しかし、こういった「計画の実行力」を高めるため、目標管理能力を鍛える
コーチングを行っている学習塾や予備校、家庭教師などは少数派です。

コーチングを行っているところであっても、無意識のうちに部分的に行って
いるだけというケースがほとんどです。

系統だったコーチングが定期的に行われているところは皆無です。

そこで、インターネットを活用することで、受験生に特化したコーチングを
あなたの居住地に関係なく行えるサービスがあります。

それが、「OCP」(受験勉強オンラインコーチング・プログラム)です。

2011年5月にスタートしたOCPは、既に550名以上が受講して、その効果を
実感した受講者は全員という恐るべき実績を叩き出しました。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ