指導者がいなくても上達できる!野球キャッチャー育成プログラム

bcatcher

詳細はこちらをクリック

キャッチャーの指導が適切に行える指導者は、プロ野球や資金面で困らない
強豪チームは別としても、人材不足に悩んでいる球団であれば確実と言って
いいほどに、誰一人としていないものです。

キャッチャー経験のある指導者がいないだけでなく、指導内容にも不適切な
ケースが数多く見られます。

キャッチャーの守備練習やピッチャーの相手という程度であれば、それほど
指導するのも難しくないでしょうが、キャッチャーだからこそ必要な素養や
知識を蓄える指導となると、ほとんどできていません。

「キャッチャーはグラウンド上の監督である」
とはよく言われる言葉ですが、単なる守備要員にしかなっていないチームが
非常に多く、その守備さえできていないというケースが多いのです。

盗塁を阻止しようとしたり、けん制したら暴投になってしまったり、ホーム
上でタッチアウトができずにボールを落としてしまうといった具合です。

更にひどいケースになると、マウンド上でピッチャーが投げたボールを受け
止められないという、キャッチャーの存在を否定するような論外なケースも
あるわけです。

しかし、どれだけ檄を飛ばしたり、鉄拳制裁を加えても改善するどころか、
退部したいなどと言ってくる始末ですから、無能な奴をリストラするのには
効果的ですが、それ以上の効果は期待できません。

元プロ野球選手でキャッチャー一筋だった定詰雅彦さんによると、以下の3
点に注意をすれば、キャッチャー絡みの失点を劇的に減らせるといいます。

  • ピッチャーが有利になるキャッチング
  • ミスをしない確実なキャッチング
  • ランナーをアウトにできる送球

配球やバッターの裏をかくための駆け引きなど、頭脳プレイも必要ですが、
何の指導もない中で上達しろというのは無理があるものです。

「向上意識がないのか」と説教したところで、なかなか改善しません。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ