大人でも乳幼児のように英語耳を身につけられる英脳プログラム

eino

>>公開は終了しました<<

「あなたが英語が上達できないのには、科学的な理由がある」というのは
脳科学者の茂木健一郎さんです。

その理由を解消しない限り、英語や英会話の学習時間をいくら伸ばしても
意味がありませんし、精神論頼みで取り組んでも上達しません。

当然のことですが、何も努力をしないで、いつの間にか英語を習得できた
などといった妄想は、決して現実にはなりません。

睡眠学習であったり、聞き流しているだけで何もしなくてもマスターする
ことができるなどというのは、完全に「ありえない」世界の話です。

つまり、英語が上達できない理由を取り除いたうえで、適切な英語教材を
活用することによって、はじめて英語や英会話をマスターすることが可能
になる
のです。

それでは、英語が上達できない理由とは、いったいなんでしょうか?
茂木さんによると、大きく3種類あげられるといいます。

  • 英語と日本語の発音の違い
  • 英語と日本語で使用する周波数帯域の違い
  • 英語に対するマイナスの潜在意識(苦手意識)

その中でも、潜在意識がもたらす、英語に対するマイナスイメージによる
悪影響というのは非常に大きい
と茂木さんは警告しています。

中でも、中学や高校の「受験英語」が与える悪影響は非常に大きなものが
あると茂木さんは指摘します。

英語の科目に苦手意識を感じていた人は当然としても、好成績をおさめて
いた人でも悪影響を受ける
というのは意外に思うのではないでしょうか?

成績の良し悪しには関係なく、受験科目というだけで強いプレッシャーを
感じることから、プレッシャーを楽しめる強いメンタルを持っていない人
にとっては苦痛にしか感じないものです。

そこで、英脳プログラムでは、英語の技術論だけでなく、精神面に関して
もアプローチを行うことで、短期間での上達を実現します。

実践者によると、数日もすれば英語の音が聞き取れたというケースが多く
今までの英語教材では全くダメだった人でも英脳プログラムでは上達する
ことができたという感想も寄せられています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ