1日90分で半年後に合格!英検1級一発合格法「GIVE理論」

eikengve

詳細はこちらをクリック

英検1級に合格したいが、どのような試験対策を行えばいいのかわからずに
困っていませんか?

「英検1級対策」と書かれている本もあれば、対策講座を開設している語学
スクールや学習塾などもあるわけですが、本当に英検1級試験対策になるの
か疑問に感じるものも少なくありません。

近畿大学総合社会学部教授で理論言語学の研究を行いながら、語学スクール
で15年間にわたって英検1級対策講座の講師を務めている石井隆之さんは、
現時点で英検準1級に合格しているかTOEIC730点以上あれば、半年後には
英検1級を取ることは可能
だといいます。

しかし、あなたが現在行っている英検1級対策をそのまま続けていても合格
できるとは限りません。

英検1級特有のスピーチやライティング、英文の内容把握やリスニングなど
が上達するとは限らないからです。

あなたがどのような勉強をしているのかはわかりませんが、現在のレベルで
止まってしまう可能性がある
ことは事実です。

そこで、石井隆之さんが、32年間にわたる指導経験をもとに開発したという
GIVE理論」が役立ちます。

GIVE理論とは、動詞の「give」もありますが、

  • grammar
  • information
  • vocabulary

の頭文字の「GIV」と、

  • enlightenment
  • enjoyment
  • effort
  • enthusiasm
  • English

といった具合に、数多くの「E」を掛け合わせた理論のことです。

とはいえ、これだけでは意味が分からないですよね。

具体的に、5段階のステップにカリキュラムが分かれており、英検1級合格に
必要になる基本7力(語彙力、文法力、作文力、読解力、聴解力、会話力、
情報力)を1日90分、半年で身につけられる
よう教材は構成されています。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ