昔の野球指導の常識は今は非常識!キッズベースボールドリームナビ2

kidsnavi

詳細はこちらをクリック

少年野球の世界は、見るも無残な状況になっています。

もちろん、全てのチームが同じように悪化しているというわけではなく、
いわゆる「強豪チーム」は質が落ちたと言っても、強い選手が集まるだけ
でなく、まともな指導を受けることで、しっかりと成長していきます。

しかし、数合わせでどうにかチームが編成できるといった状況のところが
増えていますし、それすらできずに廃部に追い込まれるケースも多いのが
実態です。

当然のことながら、まともな指導者がいないチームも少なくありませんし
変に過去の野球経験があるがために、誤った指導法や技術理論を押し付け
ようとする指導者も多い
というのが実態です。

もちろん、無知というだけでも十分な問題行為ですが、誤った指導により
身についた習慣を正しいものに変えるというのは莫大な時間がかかること
から、無知よりも更に悪質
なのです。

このような誤った指導が横行している背景には、指導者が選手だった時の
野球経験が絶対的に正しいという思い込みがあります。

スポーツ科学の進歩や、野球理論の進化によって、数十年前の野球の常識
が今では非常識
という光景がいたるところで見られるようになりました。

強豪チームでは、従来の指導法ではチーム力強化が十分にできないことも
あって、最新の野球理論に基づき改善されていますが、それ以外のチーム
においては、見るも無残な状況です。

そこで、某中学硬式野球クラブチームにおいてヘッドコーチを務める西森
さんが、現代の野球理論を用いた効率的に上達できる練習法をマニュアル
にまとめました。

それが、キッズベースボールドリームナビ2です。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ