テニスのダブルスの試合で有利に運べる46種類の展開術を暴露

tennisdb

詳細はこちらをクリック

テニスの試合において、シングルスは実力通りの結果になりやすい一方で、
ダブルスでは実力的には劣っているペアのチームが勝つことも珍しくない
言われると驚くかもしれません。

その秘訣は「戦術」(展開術)にあります。

シングルスと比べて、ダブルスの試合では戦術を使える範囲が広いことから
スキルや実力差を頭脳で埋めることができるのがポイントです。

もちろん、プロのトッププレーヤーと中学生のテニス部の部員でダブルスの
試合をするという具合に、圧倒的な実力差がある場合には、戦術でカバーを
しようにも不可能でしょう。

しかし、似た者同士であったり、多少相手の方が強いというレベルであれば
戦術を駆使することで、相手チームを翻弄することで、勝利までこぎつける
ことができるのです。

逆に言えば、あなたよりも弱いチームと対戦した時に、相手チームの戦術に
嵌められてしまうと、ダブルスの試合で負けてしまうおそれもあるわけです
から油断してはいけません。

あなたは、テニスのダブルスの試合で戦術と呼べるものをいくつ持っている
のでしょうか?

全く持ち合わせていないという人もいるでしょうし、いろいろと研究をして
何パターンか用意しているという人もいるでしょう。

そこで、現役プロテニスプレイヤーで、アマチュアテニスプレイヤー指導の
経験も豊富に持ち合わせているテニスコーチの加藤季温さんが、オフェンス
およびディフェンスで今すぐ使える46種類の戦術を明らかにしました。

加藤さんがダブルスの試合で使っている戦術も盛り込まれていることから、
アマチュアには難しそうと思っているかもしれません。

しかし、一度に全てを覚える必要はなくケースバイケースで使いこなせれば
いいものですし、そもそも難しい技術やテクニックは必要ありません。

あくまでも、知識として知っているかどうかの違いでしかないのです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ