親子で自宅で取り組める!国立・私立小学校受験の合格教材V3

shogaku

詳細はこちらをクリック

地元の公立小学校ではなく、私立小学校や国立小学校に通わせたいと思って
いるが、お受験教室に通わせるお金を節約して、小学校の授業料などに回し
たいと思っているのではないでしょうか?

しかし、国立・私立小学校に合格できなければ、義務教育ですから公立校に
通わなければいけなくなります。

当然のことながら小学校で浪人はできませんから、小学校受験のチャンスは
1回しかありません。

このため、私立・国立小学校受験で不合格になったがために、公立小学校に
通う結果にならないようにと、できる限りの準備をするべくお受験教室など
に通わせなければいけないと考えたくなるものです。

大手お受験教室の元室長で、現役のカリスマ受験アドバイザーでもある福澤
晃典
さんによると、これらの「小学校受験」が持つプレッシャーに付け込む
ように、小学校受験の「間違った情報」を広めている状況がある
と警告して
います。

もちろん、こういった「間違った情報」を広めることでビジネスになる教育
産業側に原因があることは間違いありません。

お受験教室の流す情報に踊らされると、かえって合格率が下がってしまうと
いう不都合な真実が明らかになることは少ないのです。

福澤晃典さんも、過去の当事者として、当然のことながら経験しています。

そこで、大手お受験教室の中でも好成績をおさめていたのにも関わらず福澤
さんは独立し、小学校受験に対する正しい情報と試験対策を発信する決意を
したのです。

つまり、お受験教室にムダに通わせるより、もっとスムーズに、安い費用で
志望する小学校に合格させる方法を広める道を選んだ
というわけです。

それでは、小学校受験で合格するためには、どうすればいいのでしょうか?
福澤さんは以下の2つのポイントが重要だといいます。

  • 子供にとっての最善の教育・進路について家族間で考え方が一致すること
  • 自分達に一番合った小学校を選ぶこと
  • 志望校に最も受かりやすい学習方法を選択して実践していること
  • 子供の得意分野と弱点を知り「受験指導」のサポーターになること

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ