未経験者でも一発合格!行政書士試験「起死回生」マニュアル

shosi

詳細はこちらをクリック

行政書士試験というと、覚える必要のある項目が非常に多いことで知られて
います。

このため、何年間にわたって勉強を続けていても行政書士試験に合格できる
かどうか
といったケースも、決して珍しいことではありません。

合格までに必要な学習時間というのは、これまでに身につけてきた法律的な
知識や経験であったり、学習効率の良さなどによって大きく左右されますの
で、人によって大きく変わることも珍しくありません。

識者によっても大きな隔たりがあることから、300時間合格できるという人
もいれば、1000時間以上だという人もいたりと、さまざまです。

法律系の資格を今までに取得した経験のない未学習者でも、500時間で充分
だという人もいれば、800時間必要、1000時間必要という具合に、見事に
バラバラです。

現役行政書士の石井浩一さんは、スキマ時間をかき集めて1日2時間が限界
という状況でも、147日間で行政書士試験に一発合格した
といいます。

毎日2時間きっちりと机に座って勉強していたわけではなく、数分単位での
空き時間を積み重ねての2時間ですから、できることは極めて限られている
わけです。

また、石井浩一さんは行政書士試験を受験するまでは、法律とは全く関係の
ない大学やサラリーマン生活をしていたこともあって、背景知識は一般人と
同じレベルからのスタート
というのも忘れてはいけません。

それにも拘わらず、合計294時間の勉強で行政書士試験に一発合格できたと
いう勉強法がどのようなものであるのか、あなたは知りたくありませんか?

石井浩一さんの個人的な経験談だけでは、誰もが真似できる学習法ではない
ことは明らかですから、同業の現役行政書士の坂庭つとむさんがマニュアル
にまとめました。

それが、行政書士試験「起死回生」マニュアルです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ