偏差値40からの東大絶対主義コンプリートマニュアル

todai

>>公開は終了しました<<

東大に入学した大学生というのは、どのような勉強をしてきたのかを知る
ことができる機会というのは少ないものです。

あなたの身近に、東大に通っていたり、卒業したという人が見つからない
ケースが大半ですし、受験雑誌で見かける「学習法」を読んでも、開成や
灘卒といった具合に、あなたの現状と違いすぎていて全く参考にならない
ケースがほとんどでしょう。

そこで、東大医学部を卒業し、現在は東大付属病院に勤務している医師で
医学博士の森田敏宏さんが、東大に合格するために必要なポイントを4点
教えてくれます。

  • 集中力を維持して、継続的に勉強する
  • 脳内に新たな回路を作って脳内電流の流れを改善
  • 自己管理ができる
  • 勉強スケジュールを計画的に立てられる

こんなことができれば、すでに優等生になっているから、とても無理だと
思って諦めているかもしれません。

しかし、あなたの偏差値が最下位を争うような状況だったとしても、底辺
から頂上まで上がるための手順を森田敏宏さんは知っている
のです。

あなたは、その手順を知って実行するだけで、偏差値40からでも70、80
といった具合に、上位1%ぐらいに入らなければ得られない数値が現実の
ものとなるのです。

その手順をまとめたのが、東大絶対主義コンプリートマニュアルです。

現役高校生や浪人生が対象ですが、中間一貫校で高校で学ぶ内容を先取り
しているのであれば、中学生も受講対象に含まれます。

「脳の回路」と「電流の流れ」を変えるだけでも、今までとは全く異なる
世界が見えてきます。

偏差値が10上がるだけでも、あなたを見る目が今までとは全く変わる事に
気付くのではないでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ