恐怖の沈黙や話題切れの心配がなくなる!超雑談術「鈴木式」

zatudan

詳細はこちらをクリック

雑談で何を話せばいいのか困ってしまったり、会話が盛り上がらずに沈黙
している時間が長くなっていませんか?

飲み会などの集まりであれば、まわりが会話で盛り上がっているのに対し
あなた一人だけが取り残されて、仕方がないので飲み食いしているという
状況かもしれません。

生まれつきの口下手だから、一生我慢するしかないと思って諦めていたり
現状を改善しようと努力をしてきたけど全く効果が無くて燃え尽きている
といった状態かもしれないですね。

会話術の本やDVDを使って勉強したり、通信講座や話し方教室に通っても
全く効果がなかったという人もいるでしょう。

心理カウンセラーの鈴木雅幸さんによると、既存の話し方のノウハウには
欠陥が多すぎる
と警告します。

そもそも、多くの人は雑談に対して根本的な誤解をしています。

この誤解を解かずして、小手先の会話テクニックを覚えたり、会話経験を
積み重ねても、全くと言っていいほど役には立ちません。

特に口下手や会話下手を治そうと努力してきた人ほど、誤解を解消できる
どころか、かえって誤解が強くなる一方
だというのです。

話し相手に会話を振ってもうまくいかず、聞き上手に徹しようと思っても
更に沈黙するだけといった泥沼の状況に陥るからです。

実践すれば実践するほどに逆効果だということに気付かずに、更に知識や
経験が必要だと思って、誤解に基づいた間違った方法をやめるどころか、
更に強化して実行することで、どんどん深みに嵌まっていくという最悪の
結果になるわけです。

やっている本人は真面目に必死に取り組んでいるわけですが、傍目からは
滑稽な光景にしか思えません。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ