情報量の乏しい英検1級対策を的確に行える!英検1級1次試験攻略法

eiken1

詳細はこちらをクリック

英検1級というと、情報収集が難しいという印象を持っていませんか?

英語力を高めれば、TOEICだろうが、英検だろうが、入試だろうが関係ない
などと言う人も少なくありません。

確かに正論ではありますが、決して現実的な話ではないという点においては
誰もが同意するのではないでしょうか。

単に英語の勉強を漠然とするのではなく、あなたが受験しようと思っている
試験の出題傾向を知ったうえで、試験対策を行った方が高得点を取ることが
容易になるわけです。

それでは、英検1級においては、どのようなポイントに注意して試験対策を
行えばいいのでしょうか?

過去問から出題傾向を分析して、あなた自身で独自の対策を立てている人も
いるでしょうし、語学スクールや通信講座、市販の書籍などの英検1級対策
を活用して勉強しているかもしれません。

市販の参考書や問題集で勉強をしても、英検1級のトリックはわからない
いうのは、チェルシーイングリッシュスクールルイス遠藤智美さんです。

「英検1級のトリック」というのは、受験生をふるいにかけるために出題者
が用意した罠のことです。

それも英検1級の質を維持するために、数多く用意されていますから、何も
知らないで試験を受けると、必ずと言っていいほど引っかかる
とルイス遠藤
智美さんは警告します。

その罠の代表例を、ルイス遠藤智美さんが幾つか挙げてくれました。

  • 時間配分
  • ボキャブラリーの身につけ方
  • 文章の読解スピード
  • エッセイライティング
  • リスニング

ほかにも、大なり小なり、受験生のスキルをチェックするための罠がいたる
ところに隠されているのが英検1級の1次試験なのです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ