【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム

kaigo

詳細はこちらをクリック

介護福祉士国家試験の筆記試験は、2017年1月に実施される第29回試験以降
事実上、全員が受験しないといけなくなりました。

というのも、今までは試験自体が免除されていた介護福祉士育成施設卒業生
が、2022年1月実施分までは「任意」とされていますが、筆記試験を未受験
もしくは受験しても不合格な状態のままでは、介護福祉士資格に卒業後5年
という有効期限
が設けられますし、それ以降も介護福祉士の資格を維持する
ためには介護職などの仕事を続ける必要があるという縛りが設けられます。

退職すれば介護福祉士資格を失うわけですから、筆記試験に合格して期限の
縛りがない介護福祉士資格を取得した方がいいことは言うまでもありません。

だからこそ、筆記試験は事実上の「全員受験」となったわけです。

逆に言えば、介護福祉士国家試験の実技試験は旧制度で一定の要件を満たす
人だけが受験するようになりますから、あなたが実技試験の対象でなければ
実質的に廃止された
と考えてもいいでしょう。
(実務者研修や介護技術講習が実技試験の代わりとなります)

そこで、介護福祉士国家試験においては筆記試験の重要性が増すわけですが
一発合格が当たり前という人が多い一方で、何度受けても不合格という人も
少なくありません。

あなたが次回の介護福祉士国家試験において、筆記試験に合格するためには
どのような試験対策をすればいいのでしょうか?

高校や大学などを受験する時のように、あなたの人生のすべての時間を介護
福祉士国家試験だけに費やす余裕はないと思いますので、仕事などの合間に
効率良く勉強する必要があります。

そこで役立つのが、【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム
です。

幼稚園児でもマスターできる「東大式記憶術」を使って介護福祉士国家試験
の重要ポイント、を記憶力が弱く暗記物が苦手な人でも短期間で身につけて
問題が解けるレベルに到達できるようになるという学習教材です。

頻出ポイントをまとめた音声を聞き流すだけでも学習効果が得られますし、
時間があればスマホなどから問題集にアクセスして解き続けることで記憶に
定着できるのです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ