【ケアマネ合格桜咲く】合格するまでに360時間も勉強する必要はない!

careman

詳細はこちらをクリック

年を追うごとに合格率が低下して難易度が向上しつつあるケアマネ試験です
が、ケアマネの数が余り気味になってきたこともあって、質の向上を図ると
いうことのようです。

現時点では、合格するまでに必要な勉強時間として、360時間程度が必要
と言われていますが、今後もケアマネ試験がいっそう難しくなるのであれば
勉強時間は今後も伸びることが予想されます。

曜日に関係なく、毎日休まずに、1日1時間の勉強を続けても、約1年かかり
ますし、1日2時間だと半年ですから、実務をこなした上での学習時間である
ことを考えると、決して楽ではありません。

現役介護支援専門員の中島貫行さんによると、ケアマネ試験で合格した人と
不合格になる人には大きな違いがある
といいます。

その違いというのは、学力や頭の出来というのもありますが、受験前の試験
対策から全く異なる兆候が見られる
というのです。

もともと頭のいい人というのは、試験対策も知り尽くしていることが多いの
で、自分に合った効率的な学習法を駆使して、危なげなく合格していくわけ
ですが、この学習法を習得していない人にとっては大変です。

気合と根性で乗り越えようと思っても、半年、1年という長期戦においては
なかなか続けられるものではありません。

ケアマネ試験に対して「合格する」というモチベーションを維持し続ける事
も大事ですが、はかどらない勉強を続けていても合格は遠いだけです。

逆に言えば、効果的な学習法を確立できたからこそ、試験で高得点を取って
合格できる位に頭がよくなるわけですが、現時点でケアマネ試験の学習法が
定まっていないからと言って諦める必要もありません。

中島貫行さんがケアマネ試験の本質に即した勉強法をマニュアルにまとめて
いるからです。

ケアマネ合格桜咲くは、80時間程度の勉強で、合格ラインに到達するために
必要な勉強法
を知ることができます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ