失効・免許取消者向け自動車免許技能試験必勝合格マニュアル

1patuexm

詳細はこちらをクリック

免許更新を期限内に行えずに失効したり、交通違反点数が積み重なって
免許取り消しをされた人にとって、もう一度、運転免許を取得するのに
教習所に通うのは費用と時間の無駄だ
と思うのではないでしょうか?

しかし、運転免許センターなどで行われている技能試験で合格するというの
は、簡単なことではありません。

時には合格者が一人もいないという日もあるぐらいですから、その難しさが
わかるのではないでしょうか。

そこで、何とか合格しようと思って、裏技やテクニックなどをさがし求めて
情報収集をしている最中だと思います。

個人の体験談や、断定的な口調で「評価基準」や「合否の分かれ目」などを
あたかも公式回答であるかのように書いたWebサイトもありますし、試験官
毎の厳しさをまとめたものなど、さまざまです。

しかし、個人の感想というのは、当てになるようで参考にならないケースも
珍しくありませんし、古くていまでは使えない情報や、明らかなデマ・偽り
なども混ざっているため、正確な情報を集めるのは意外に難しいものです。

既に4400名以上が受講したという、一発試験必勝合格テクニック研究所の
藤冨さんによると、「正確な法規走行」を知らなければ、どれだけ自己流で
運転できたと思い込んでいても合格できない
といいます。

一般の公道走行では、「流れに合わせる」ほうが重視されるために、極端な
爆走でなければ、成績稼ぎのためにネズミ取りを行う白バイなどを除けば、
速度オーバーでもスピード違反で逮捕されるケースは珍しいのです。

混雑した都市部の道路や高速道路などでは、法定走行を厳密に守ることで、
渋滞を発生させる方が問題だということでしょう。

しかし、技能試験では、「厳密」な法定走行ができなければ合格することは
不可能です。

公道を走っている感覚で技能試験を受けると、必ず不合格になります。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ