ふくしかくネットの保育士試験科目別リベンジセット【保育実習理論】

hoikrirn

詳細はこちらをクリック

保育士試験は、科目間の難易度に大きな違いがあることが特徴です。

それにもかかわらず、合格ラインは正答率60%と一律にしていることが
奇妙に感じられるわけですが、難易度調整をしないことで保育士試験の
合格率10%前後をキープしているということでしょうか。

保育士になりたい人が全て保育士試験を受けるのであれば、大学や短大
などの保育系学科が全て消えてなくなってもおかしくないわけです。

90%の保育士試験不合格者や若者向けに教育機関ルートを確保しておく
というのも、少子化で幼児向け教育機関の余剰時代に直面しているとは
いっても悪い選択肢ではないでしょう。

さて、保育実習理論の科目ですが、丸暗記できれば合格できる科目だと
言えば終わってしまいますが、その中でも、保育原理などで出題される
「保育所保育指針」や、社会的養護などで出題される「設備運営基準」
などは必須
でしょう。

一度まとめて覚えることで、他の科目の試験対策にもつながりますので
すでに他の科目が合格しているからといっても、後回しにすることなく
丸暗記しておいたほうが無難です。

その上で、音楽・造形・言語の3種類の分野への対策が求められます。

時々出題される難問奇問は正解できなくても当然といった考え方で十分
ですが、頻出事項を中心に正解しないと、なかなか合格ラインを上回る
ことはできません。

これらの芸術分野に関しては、人によって相性もあるでしょうし、言語
はともかくとしても、造形と音楽は好き嫌いが分かれると思います。

しかし、ふくしかくネットの矢口はるなさんは、「音楽は狙い目」だと
アドバイスをしています。

【文章の続きを読む】

お知らせ

他の試験科目のリベンジセットが必要であれば、それぞれ以下のリンクより
詳細をチェックしてください。

⇒社会的養護
⇒こどもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、保育所保育指針のマスターに特化した特別講座も用意されています。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

以下の補助教材も有効活用するといいでしょう。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

サブコンテンツ

このページの先頭へ