ふくしかくネットの保育士試験科目別リベンジセット【社会的養護】

yougo

詳細はこちらをクリック

保育士試験の中でも合格者数の少ない科目として知られているのが「社会的
擁護
」です。

教育原理及び社会的養護」という試験科目になっていることも、難易度を
高める一つの理由になっています。

普通の試験であれば、一つの科目の点数が悪くても、他の科目の点数で補う
という作戦が取れます。

しかし、「教育原理及び社会的養護」の科目の場合、教育原理、社会的養護
の両方が合格ラインを超えない限り、科目合格になりません。

あなたも「この罠」に何度もかかっているかもしれませんね。

問題数も他の試験科目の半分ですから、一見すると簡単そうに思えますが、
1問あたりの配点が大きくなりますので、正答率は同じでもプレッシャーは
大きく変わってきます。

試験問題の難易度が高い上に、教育原理と社会的養護の両方で合格ラインを
上回る必要がある
という高い壁に阻まれているのではないでしょうか。

社会的養護の難易度が高い理由として考えられる別の理由としては、予想が
難しいという点があげられます。

他の科目であれば、頻出事項がある程度は固定化されていることもあって、
覚える量は科目によって異なりますが、しっかりとマスターすれば合格する
事ができます。

しかし、社会的養護の出題範囲は、広汎かつ漠然としており、対応するのが
非常に困難だというのも受験生を悩ませる原因
になっています。

そこで役立つのが、ふくしかくネットの保育士試験科目別リベンジセット
いうわけです。

【文章の続きを読む】

お知らせ

他の試験科目のリベンジセットが必要であれば、それぞれ以下のリンクより
詳細をチェックしてください。

⇒社会的養護
⇒こどもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、保育所保育指針のマスターに特化した特別講座も用意されています。
⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問

以下の補助教材も有効活用するといいでしょう。
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

サブコンテンツ

このページの先頭へ