少年野球ピッチャー向け投球フォーム別パーフェクトバイブル

pitcher

詳細はこちらをクリック

少年野球チームの監督や指導者が、ピッチャーに求めていることは何なのか
あなたは分かりますか?

「失点がないように相手チームのバッターを抑える」事に決まっているじゃ
ないかという答えが最も多いのではないでしょうか。

確かに正解ですが、ピッチャーに求められる役割として当然の話です。

それでは、バッターを抑えるためには、ピッチャーに何が必要なのか考えて
みてください。

いろいろと答えが浮かんでくるとは思いますが、大きく2種類にまとめる事
ができます。

  • 速いボールを投げられること(絶対速度でも体感的にでも構いません)
  • 正確なコントロールで投げられること

これらも、当たり前といえば当たり前のことですね。

しかし、言うのは簡単でありながら、実現するとなると難しいことですから
監督やコーチなどは、頭を抱えるシーンも少なくないわけです。

そこで、適性の有無によって左右されますが、一般的なオーバースローでは
なく、アンダースローで投げてみませんか?

アンダースローピッチャーの数が少ないこと自体がセールスポイントになり
ますし、体への負担が少ないので、ケガや故障のリスクが少なく選手生命が
長くなる
というメリットもあります。

変化球のキレやコントロールが良くなりますし、腰の回転を利用することで
直球のスピードを上げることもできます。

しかし、アンダースローの投げ方を教えられる指導者というのは少年野球の
世界では極めて少ない
のが実情です。

アンダースローの投手自体が少ない状況では、仕方がないことだと言わざる
を得ません。

そこで、MAXベースボールスクールでピッチングを教えている、元プロ野球
選手の松沼博久さんと松沼雅之さんが、アンダースローの適性の見分け方と
アンダースローを習得する練習法をDVDマニュアルに収録しました。

松沼博久さんと松沼雅之さんといえば、元西武ライオンズの「松沼兄弟」と
して、中高年以上の人には知られています。

それが、「投球フォーム別パーフェクトバイブル」です。

アンダースローに向かない選手のためのオーバースローの習得法もあわせて
収録されていますので、さまざまな用途に役立つ教材として活用できます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ