これから2か月で合格したいのなら!宅建超高速勉強術

takken

詳細はこちらをクリック

宅地建物取引主任者資格試験、いわゆる「宅建試験」は、毎年10月の第3
日曜日に行われるわけですが、試験勉強が十分にできないままに受験して
も合格するのは困難です。

過去問をひたすら繰り返して暗記すれば、似たような問題が出題された時
には簡単に解答できるから合格ラインを上回ることは難しくないという人
もいます。

しかし、合格率15%前後という現実を見ると、単純に問題集を解いている
だけで大丈夫なのかと不安に感じる
のではないでしょうか。

かといって、学校の勉強のように、テキストを読んで、ノートにまとめて
理解してから問題集で演習などといった勉強をしていると、いくら時間が
あっても足りなくなります。

そこで、2000名以上の方が実践して、宅建試験で次々と合格していると
いう、実績ある60日間勉強法
をあなたも試してみませんか?

それが「宅建超高速勉強術」です。

「行政書士」「社労士」「宅建」と、難関士業資格も含めた3種類の資格
を、わずか1年間で立て続けに取得した矢野準也さんが行ってきた学習法
です。

宅建超高速勉強術では、最低1日2時間以上は勉強をする必要があります。

聞き流すだけとか、1日10分などといった勉強法ではありませんので注意
が必要です。

片手間、ほったらかしでラクラク合格したいのであれば、宅建超高速勉強
術は役立たないでしょう。

さて、宅建の勉強というと、専門用語を暗記する必要があると思い、英語
の単語帳のようにスキマ時間を使って暗記しようとしたり、暗記術や記憶
術などを身につけようと努力をする人もいます。

しかし、宅建超高速勉強術では暗記はしません。

宅建試験は択一式試験ですから、選択肢を見て正解かどうかを判断ができ
ればいいわけです。

もちろん、頭の中に記憶として残っている方が良いわけですが、選択肢の
中に答えがありますから、丸暗記しなくてもいいのです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ