信じられない?!日常生活はすべて催眠

aksaimin

詳細はこちらをクリック

「あなたの日常生活は、常に催眠状態にある」と言われても、にわかには
信じられないのではありませんか?

しかし、40年以上にわたって変性意識の研究を行ってきた北岡泰典さんは
誰もが催眠状態にあることを証明できると断言します。

コミュニケーションをとるという事は、無意識のうちに互いに催眠をかけ
あう
のと同じだというわけです。

会話をしていて、相手と話がかみ合わずに困った経験はありませんか?

わざと内容をはぐらかしたり、すべて自分に都合のいいように解釈すると
いう傾向の人も見かけますし、相手の言っていることが全く理解できない
ケースもあると思います。

その理由として、北岡さんは「あなたと相手の頭の中の世界地図が違う」
という指摘を行っています。

考え方があまりにも違いすぎると、洗脳しようにも全く役立たないという
結果になりかねません。

この問題は「頭の中の世界地図」を一致させることによって解消できるの
ですが、そもそも解消する気もない相手だと、最後まで全くかみ合わずに
終わることも珍しくないのです。

逆に言えば、他人から無用な洗脳を受けたくないというのであれば、全く
理解不能だといったポーズをとり続けることが効果的です。

交渉事であったり、トラブル対応などでは、理不尽な要求が、呆れるほど
次から次へと出てくるケースも珍しくありません。

特に、苦情担当などの仕事をしていると、嫌というほど実感できるのでは
ないでしょうか。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ