潜在意識を書き換えて最短距離で合格!「わくわく試験合格術」

wakgok

詳細はこちらをクリック

試験に合格するためには勉強しなければいけないことは、改めて説明する
までもないでしょう。

もちろん、すでに試験勉強が不要な位に、頭の中に知識が身についている
のであれば、改めて勉強をする必要もないとは思いますが、めったにある
話ではありません。

試験の申し込みをして、試験日時に試験会場に出かけて行って、受験する
だけで合格できる試験があれば、どれほどまでに気楽なものかと思いつつ
も、現実は甘くないものです。

それでは、どのような試験対策を行えば、あなたが受ける試験に合格する
ことができるのでしょうか?

定員を超えると合格することが非常に難しい入学試験と、合否判定ライン
を上回れば合格になる資格試験とでは大きな違いがありますが、試験にて
出題される問題が解答できなければ合格できないという点では同じです。

1点でも多く点数を取ることが求められるか、合否ラインより上であれば
良いというのでは違いがありますが、効率よく試験対策を行おうと思って
学習法を探し求めているのであれば、思わぬ落とし穴に陥っています。

小手先のテクニックばかりを追い求めても、マインド面で問題があれば、
勉強が続かないからです。

しかし、単なる精神論で片付けるのも同じく問題です。

「試験の本質」を身につけた上で、試験テクニックを活用することで相乗
効果が得られる
からです。

そのために必要不可欠なのが「潜在意識」の活用です。

潜在意識といえば、自己啓発の世界ではお馴染みの用語ですが、あまりに
胡散臭いので、潜在意識の存在自体を信用していないかもしれません。

しかし、東京大学を卒業した脳力開発インストラクターの梅村武史さんは
このような「疑惑」や「疑い」を明確に否定しています。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ