日商簿記2級試験をお金と時間をかけずに合格する学習法を暴露

boki2

>>公開は終了しました<<

簿記試験は何種類かありますが、その中でも、まともに評価されるのは
日商簿記」だけです。

他の主催者による簿記試験よりも試験の難易度が高いことが理由ですが
簿記2級レベルでは、自動車免許並みに役立たないレベルだというのが
一般的な評価です。

日商簿記2級といっても、商業高校でまじめに勉強をすれば合格できる
レベルの試験ですが、商業高校というのは、低学力の中学卒業生が通う
ケースが一般的ですから、なかなか合格しないというのが実情です。

必要性がないことから受験もしていませんが、開成高校や灘高校レベル
の学力があれば、全員合格で当然なのが「日商簿記2級」です。

高校生レベルの試験だと言われていても、実際には社会人になってから
受験しても合格できないという結果に終わることが珍しくありません。

それでは、どのような勉強をすれば「日商簿記2級」試験に最短距離で
合格をすることができるのでしょうか?

テキストを読んで内容を理解してから、過去問や問題集を解くといった
一般的な勉強法では、特に忙しい社会人にとっては、いつまでたっても
合格することはできません。

優等生向けの勉強法では、効率よく身につけられないのです。

本当の天才ともなれば、一目見ただけで本質を理解して、暗記までして
しまいますので、これもまた凡人には真似ができない次元の話ですが、
凡人以下の学習法というのも探せば見つかるものです。

小森ユウタさんは、簿記や会計に関する事前知識が全くないのにもかか
わらず、テキスト2冊を使って、2ヶ月間独学しただけで日商簿記2級に
合格できた
というのです。

小森ユウタさんは学力は最低レベルで、Fラン大学に滑り込んだという
極めて厳しい状況であったのにも関わらず、短期間で合格にまでたどり
つけたのには、理由がありました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ