短期間で合格するために!裏の取れた合格設計方法「行政書士試験編」

uraduke

詳細はこちらをクリック

行政書士試験に合格するために必要な勉強時間は、400~500時間だという
人もいれば、1000時間程度は必要だという人もいたりと、個人差があると
いっても非常に大きな差があるものです。

しかし、行政書士試験は、学習時間や知識量の差で合否が決まるような試験
ではありません。

1日2~3時間の勉強時間を確保するだけでも、仕事をしながらでは難しいと
思いますが、「行政書士試験の仕組み」を知ったうえで受験勉強に反映する
ことができれば、自然と合格ラインを上回ることは可能だ
と寺本考志さんは
言います。

つまり、どのような過程をこなせばスムーズに合格できるかを理解すること
で、受験勉強に自信を持てるようになりますし、合格までの時間を短縮した
うえで、実際に行政書士試験で合格できるというわけです。

試験勉強に自信がもてなければ、どれだけ時間をかけて勉強しても、終わる
ことがありませんし、「あれもこれも」といった泥沼にはまり込んでしまい
かねません。

そうではなく、例えば、頻出分野は重点的に勉強を行って、数年に一回程度
しか出題されない分野は軽く抑えるといった具合に、メリハリを付けた勉強
をすることで、短時間でも効率よく勉強することができるわけです。

寺本さんの個人的な経験による実感といったものではなく、多くの受験生の
状況を追跡した結果によって明らかになった事実
ですから、その言葉の意味
合いは非常に重いものがあるでしょう。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ