練習曲の演奏ではピアノは上達しない!ピアノ指・習得プログラム

pianoyub

詳細はこちらをクリック

ピアノを思い通りに演奏したいのであれば、指が自然と動くほどに練習を
繰り返すことが必要
だというのが、一般的な考え方です。

このため、練習用のピアノ演奏曲を、機会があれば何度も繰り返して練習
しているのではないでしょうか?

しかし、半年、一年と練習を続けていても、思うように指が動かない事に
対していら立ちを感じたり、音楽センスの乏しさにピアノ講師などからは
呆れられている状態かもしれません。

小指や薬指、左手を思い通りに動かせずにイライラしているのではないで
しょうか?

「あなたにはピアノの才能がないのだから、さっさと諦めたらいい」など
と、面と向かって嫌味を言われたことがあるかもしれません。

もしくは、「腱鞘炎になって指を切断するまで頑張ったらいいのに」など
といった非常識なことを言う人もいたりしますので、腹立たしく思ったの
ではないでしょうか。

それでは、音楽的なセンスが優れていたり、手先が器用でないとピアノを
思い通りに演奏することはできないのでしょうか?

結論から言えば、人間的に問題のある講師や生徒がいるようなピアノ教室
からは、さっさとやめたほうがいいとは思いますが、ピアノ自体を諦める
必要は全くありません。

  • 指の動きを最大限に伸ばす秘訣
  • 手の大きさに関係なく動かせる秘訣
  • 指を上手く運ぶ秘訣

この3点を学べば、腱鞘炎になるほど練習をしなくてもピアノが上達する
からです。

そこで役立つのが、手先に余分な負担をかけずに、ピアノ演奏が上達する
方法をまとめた「ピアノ指・習得プログラム」です。

まずは、サンプルをみてみましょう。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ