凡打量産機でも1か月でパワーヒッターに!バッティング・パワーアップ・プログラム

batting

詳細はこちらをクリック

あなたは、野球で打撃力が乏しいことに悩んでいませんか?

バッティングの練習をしても外野までボールを飛ばせないので、ホームラン
なんて一生打てないといった状況かもしれません。

馬力がなければボールを遠くに飛ばせないと監督やコーチなどから言われて
バッティングの練習だけでなく、筋トレや走り込み、素振りなどの練習に、
人一倍取り組んでいると思います。

しかし、相変わらず、内野ゴロやキャッチャーフライ、内野フライばかりと
いった「凡打量産機」から抜け出せない
のではありませんか?

その理由を、株式会社オール社長で一般社団法人全日本コンディショニング
コーチ協会の理事長をつとめる、プロフェッショナル・コンディショニング
コーチの森部昌広さんは「身体づくり」にあるといいます。

確かにバッティングに関する技術論も重要ですが、高度な技術論を学んだと
しても、その理論を生かせるだけの能力がなければ、豚に真珠、猫に小判と
いった世界の話
であり、全く役に立ちません。

それでは、筋トレや走り込みで体力増強に勤めればいいのではないかと考え
がちですが、ただ走るだけ、筋トレをするだけといった穴埋め方式の練習を
行っているだけでは、凡打量産機からの脱出はできません。

少年野球や高校野球、草野球といった具合に、世代や成長度合いによっての
個人差はありますし、あなたの現在の状況によって、鍛えるべき筋肉などが
全く異なるケースも珍しいことではないのです。

あなたは、打球を飛ばすための筋肉が身体のどこにあるか知っていますか?

それさえ知らないのに、筋トレに取り組むと言っても、どこの筋肉を鍛える
つもりなのでしょうか?

根性論や精神論頼みの練習が遠回りで破綻しやすいのは、こういった非効率
な練習がまかり通ることにあるわけです。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ