英会話学習で苦労したら!トークに特化した「英語ぺらぺら君」

perapera

詳細はこちらをクリック

英会話の勉強というのは、夢を見させてくれる教材やスクールは山のように
あっても、実際に話せるようになるという実績が伴わないケースがほとんど
です。

5000人がマスター(受講者100万人のわずか0.5%)したとか、音声を聞き
流すだけで英語がぺらぺらと口から出てくるようになるといった広告内容に
騙されたという人も多いのではないでしょうか?

確かに成果を出している人もいることから、誇大広告とまではいいませんが
かなり際どい内容の宣伝を行う外国語教材や語学スクールも、決して少なく
ありません。

石井あきらさんは、あなたが半年間勉強を続けても英会話が全くできないの
であれば、勉強法を変えたほうがいい
とアドバイスをしています。

あなたの現在の英語学習法が、適切ではないからです。

それでは、どのような勉強をすれば英語を話せるようになるのでしょうか?
石井あきらさんが推奨する勉強法は、以下の3種類です。

  • 英単語の絞り込み
  • クエッショニング
  • パターン認識法

日本語でも日常会話では使わない言葉というのは山のように存在します。
それらをすべて覚えようとするとキリがないことは言うまでもありません。

英語でも同じことが言えます。

年に一度、一生に一度ぐらいしか使わないような英単語よりも、毎日何度も
使う英単語から覚えたほうがいい
ことは当然です。

さらには、英語を話す機会を増やさなければ英会話は上達しませんが、語学
スクールに通っても、英語で会話し続ける機会というのは少ないものです。

会話が成り立たなければ「英会話」ではありませんから、次から次へと英語
が口から出てくるようにならなければ、文字通りお話になりません。

いちいち日本語に翻訳して考えてから英語にするといったことをやっている
と、特に英語圏のネイティブは早口ですから、会話が成り立たないのです。

そこで役立つのが、英語で問いかけられた質問に対して瞬時に英語で回答を
行う「クエッショニング」によるトレーニングと、さまざまなケースで応用
できる「パターン認識法」
です。

【文章の続きを読む】

お知らせ

英語ぺらぺら君」では、全くの英語初心者レベルを対象にしていますが、
英語ぺらぺら君中級編」は、英会話、スピーキング、リスニングに特化を
し、「英語ぺらぺら君」よりも高度な内容まで上達することが可能です。

⇒英語ぺらぺら君中級編の詳細はこちらをクリック

サブコンテンツ
           

このページの先頭へ