暴力や根性や気合いだけでは上達できない!剣道上達革命

kendorev

詳細はこちらをクリック

「国技」や「オリンピック競技」と比べてマイナーなこともあって、相撲や
柔道ほどには表沙汰にはなっていませんが、剣道というのも似通った傾向が
あることは事実です。

神奈川県警の元警察官で元剣道日本一だった選手による性犯罪や、大分県の
中学校における傷害事件まがいの体罰が横行していた事例をはじめとして、
学校の部活動や地域の道場などでの剣道関連の事件や事故はいろいろと発生
しています。

googleで検索しただけでも数百万件ヒットしましたが、その中には、刑事・
民事裁判になっているケースもあります。

暑い防具で体内に熱がこもり、熱中症になっていた生徒を「やる気がない」
などと罵倒して放置したために、結局は死亡して裁判になったケースも最近
ありました。

このようなスパルタ的な体質は、簡単には変えられないでしょう。

そのうえ、スポーツ競技の中での剣道の事故率の高さは柔道とともに非常に
高い事から、ヒップホップダンスの義務教育と同様に、武道必修化に疑問符
がつかないのが不思議でありません。

自分から剣道がやりたいと思って選んでいる人にとっては、これらのことは
十分承知の上だとは思いますが、剣道というのは戦うわけですから、怪我を
するのは避けられない一面があるものです。

体力をつけて稽古などで技量を上げていけば、怪我をする原因となる無理な
動きを避けられるようになってくるわけですが、思い通りに上達できないと
いうのも、伸びしろがあるという意味で剣道の一つの醍醐味と感じているか
もしれません。

体力をつけて、柔軟性の高めたうえで、竹刀の素振りや稽古を重ねることで
上達していくのが一般的ですが、スポ根ドラマやアニメのように必死にする
という観点だけで続けると、体育会的なスパルタ的な状況に陥りがちです。

技量を上げるためには、知識や学習も必要です。
剣道上達革命をみれば、よくわかるでしょう。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ