短期間で効率よく勉強できる!ワンステップ手話講座

shuwa

詳細はこちらをクリック

手話の勉強というと、独学で身につけた人が少なくありません。

当事者として必要となる、聴力障害者が通う学校などを除けば、健常者が
手話を学ぶという機会は多くありません。

手話も言語の一つとして考えれば、結局は、地道に覚えていくしかないと
いう結論になるわけですから、教室で講師から学ぶよりも、自分で練習を
して身につけたほうが上達が早いという結果になるのです。

あなたも小さい頃に平仮名や片仮名、漢字などを理屈抜きで暗記した経験
はありませんか?

手話についても、基本的は手の動作は丸暗記が必要ですから、反復練習を
行うしかなく、それだったら独学で充分という風潮があるのも事実です。

また、手話初心者大歓迎などという手話サークルも少なくありませんが、
実際に手話をマスターしようと思って参加しても、サークル内で行われる
手話の速さに圧倒されてしまったかもしれません。

手話サークルの雰囲気や教え方によっても左右されますが、手話初心者を
置いてきぼりにする傾向があるところが意外に多く、普段は社交的な人で
あっても、どうしても馴染めずにやめてしまう
のです。

サークル活動以外の時間に自主練習をしてこないのは「甘え」であるとか
「やる気がない」といったような「空気」ができやすい傾向があるために
雰囲気的に合わない場合も珍しくないと思います。

NPO法人手話技能検定協会の理事長で、手話通訳士の谷千春さんは、これ
までに1万名を超える人を相手に手話を教えてきたといいます。

その中で、楽しみながらでも短期間で効率よく手話をマスターできる学習
法を開発したことで、健常者を含めた多くの人が手話を身につけられたと
いいます。

【文章の続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ